地震を予知できたら安心|地震大国に嬉しいニュース

男性
地図

災害大国日本の課題

日本では、過去に様々な災害がありました。その中でも多かったものが地震なのです。地震による被害をなるべく少なくできるようにとプロの方による地震予測による実験などが行われているのです。それにより、地震を予測するためのシステムなどが開発されているのです。しかし、日常では万が一に備えて対策をしておくことも重要となります。

グラフ

災害を事前に知ること

地震は津波を呼び起こす危険性もあり最大限の注意が必要だ。近年では地震を予想することが科学的に可能となった。これまでの統計データからいつどこでどれくらいの規模の地震が起こるか予想するのである。まだ研究段階なので、今後における技術の発展を願うばかりだ。

災害

震災の今までとこれから

日本は地震大国であるため、地震予報の研究が進められていますが、予報は困難だといわれています。しかし、様々な理由から、南海トラフにおいてはある程度の予報は可能だと言われています。また、地震の発生において、特定の人が誤った情報を取り上げることがありますが、自身の意見や考えをもつことが大切です。

日本は頻発する国です

グラフ

精度は上がっています

日本はプレートがぶつかり合ったできた国です。活火山が多く点在し、温泉などの豊かな自然をわたしたち人間にもたらしてくれています。しかし、それと同時に地震大国でもあります。地震が起こるメカニズムにはいろいろなタイプがありますが、基本的にはプレートが何かしらのかたちで動く際に生じます。このズレによって生まれたほんのわずかな振動をとらえるのが地震予知です。近年、研究がどんどん進んだこともあり、地震予知の精度は着実にあがっています。この予知の結果を最大限に活用して作られているのが地震速報です。大きな地震の予兆を専用の機械が察知すると、テレビやスマートフォンに対して情報を送信します。これにより事前に家屋から出るなどの対策がとれるわけです。

事前の準備が大切です

地震予知は発生する数秒前に知らされます。故に、身の安全を守ることはできますが、そのほかの部分に関しては自分で準備しておくことが大切です。例えば、もしもの場合に備えて防災グッズをそろえておくのもありです。大きな地震がくると電気やガスがストップします。その際、非常灯や防寒具があると非常に安心です。さらに、支援物資が届くまでの数日間分の食料まで備蓄しておければ理想的です。また、地震が来た時にどんな行動をとるのかを家族の間で決めておくのも重要です。具体的には、避難場所を決めるなどがこれにあたります。落ち合う場所を決めておくと、携帯電話が使えなくなったとしてもちゃんと合流できます。いずれにしても、準備すればするほど、被害は小さくできます。

はかり知れない地震の被害
このエントリーをはてなブックマークに追加