地震を予知できたら安心|地震大国に嬉しいニュース

ウーマン
  1. ホーム
  2. 災害を事前に知ること

災害を事前に知ること

グラフ

落雷や大雨による土砂崩れ、積雪が原因となる交通被害など災害には様々なものがある。しかし、地震の恐ろしさは数々の災害と比較してみても一際目立つ。地震による津波で街一つ飲み込まれるという痛ましい事例も過去に幾度となくある。こうした事態を防ぐためには事前に予想できることが望ましい。近年では科学の進歩によって地震の予想が可能になった。なお、震源における断層破壊の発生後における緊急地震速報はこれに当てはまらない。あくまでも地震が起こるよりも前、対処に時間を避けるような段階での予想である。もちろん、絶対というわけではなくまだまだ確実性に欠けるが、それでも過去に比べれば画期的な進歩であることは間違いないだろう。

地震予知の定義として、地震がいつどこでどれくらいの大きさで起こるかということが重要視される。つまり、発生する時期や場所、規模のことだ。こうしたことを事前に予想できれば、それに備えた対処も可能になるだろう。具体的には、統計データを用いた方法になる。まず、震源地を予め確定させておく。これは単純な調査によって十分可能だ。そして、これまでの統計からどれくらいの期間が経過すればプレートがずれるか、すなわち地震が起こるかということを予測するのである。幸か不幸か、日本では昔から地震が数多く発生しており、データが豊富である。そうしたデータを活用してこれからの対策に活かそうというわけだ。まだ研究段階だが、今後更なる技術の進歩に期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加