地震を予知できたら安心|地震大国に嬉しいニュース

ウーマン
  1. ホーム
  2. 災害大国日本の課題

災害大国日本の課題

地図

大災害の察知は可能か

災害大国日本は、過去の歴史からみてもわかるように、実に様々な災害に見舞われてきました。その中でも幾度と大きな被害を被ってきたのは、地震によるものといっても過言ではないでしょうか。これまで日本列島には、関東大震災をはじめ、阪神淡路大震災、東日本大震災、記憶に新しいところでは熊本地震が起こってきました。その都度、死者、負傷者、建物倒壊など多くの被害がでてきました。自然災害である地震を防ぐことは不可能ですが、地震による被害を最小限に食い止めようと、専門機関や専門家により、日本列島各地に起きている地震のメカニズムや、それを防ぐべく予測を科学的に実証しようと挑んでいるという動きも出てきました。果たしてそのような予測は可能なのでしょうか。

メカニズムからの見解

予測のポイントは、活断層ということなのです。活断層の一部がずれ動き、地震がいったん起きてしまうと、その断層の両端に大きなひずみができるのです。そのひずみができた場所で、小規模な地震が起きやすくなり、実際に起きてしまった箇所とひずみが重なる部分に、新たな地震の火種ができるというのです。その火種がきっかけとなり悪い状況が重なると、もしかすると今後、大規模な地震につながっていくのではなにか、という予測がなされているのです。長い歴史の中で、過去に幾度となく起こった日本列島の地震を振り返って調べていくと、これから起こるかもしれない大災害の予測が可能になるという時代は、もうすぐそこまで来ているのかもしれません。現在では、科学が進歩したことによって様々な地震予測のシステムや装置などが開発されています。それによって、ある程度の地震を予測することができましたが、生活をしていく上では常に危機感を持ち、きちんと対策を行なっておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加